So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴールドシップ完全復活! 阪神大賞典2連覇 [競馬]

23日の阪神11Rで行われた第62回阪神大賞典は、岩田康誠騎手騎乗の1番人気ゴールドシップが制しました!!

昨年の宝塚記念以来となる勝利でタイムは3分6秒6。




昨年の有馬記念でゴールドシップに賭けて、裏切られた私ですがこの勝利は嬉しい!!
なんだかんだファンになってしまいました笑




ここのところ成績はあまりふるわず、今回の結果次第では今後の先行きも暗くなるかもしれないと勝手に思っていましたが、終わってみれば力の違いを誇示する3馬身1/2差の圧勝劇!


断然の1番人気に応えて阪神大賞典連覇、完全復活果たしました。



2着争いは接戦。

わずかに5番人気のアドマイヤラクティが2着を確保。かわされてからも懸命に粘った3番人気バンデがクビ差3着。




ゴールドシップ初騎乗だった岩田騎手は「思ったよりも行きっぷりが良く、追走は楽でした。パワーがある走りで、最後まで止まる気配はなかったです」と完勝を評価。




オルフェーブル引退後の競馬界を盛り上げる存在になれるのか、今後の活躍に注目ですね!!






ゴールドシップは、父ステイゴールド、母ポイントフラッグ、母の父メジロマックイーンという血統。北海道日高町・出口牧場の生産馬で、小林英一氏の所有馬。

通算成績は17戦10勝。
重賞はGIII共同通信杯、GI皐月賞、GII神戸新聞杯、GI菊花賞、GI有馬記念(2012年)、GII阪神大賞典、GI宝塚記念(13年)に次いで8勝目。



共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。